ズボンの上から使うと初めは白っぽい粉が付きますので表面を拭いてから使用した方がいいようです。棒も私も一緒に成長できるかも♪なんて希望を持って☆4つとさせていただきます。スーッと通るような感じがして!軽くなりました。

こちらになります!

2017年02月16日 ランキング上位商品↑

クーポン[2/10 19:00-2/15 23:59迄]今すぐ使える200円OFFクーポン対象<官足法 G棒 桐製>【送料無料】足もみ 足つぼ 健康法足のむくみ、冷え対策&解消に

詳しくはこちら b y 楽 天

(正しい使い方ではないのかも(笑))また、二つの突起で後頭部や、首を押しても気持ち良く、買って良かったです。もっと早く買えばよかった。赤棒と迷いましたが長く使うならと木製のこちらを購入しました。こちらは滑りはプラスチックに比べると少々摩擦がありますが、当たりは柔らかな温かみを感じます。木なのでお風呂の中では使えないのですが、やっぱり木の温もりがあるので私は断然木の棒派です。これの良さは、軽いのでマッサージをしていても棒の重さによる手の疲れはないです。 単純に重さだけで決めたのですが!届いて使ってみてやはりこちらの方が良かったと思った点は!赤棒にはない両端の低めの突起。健康の相棒として!ツヤツヤになるまで大切に使います。右足もやったら!同じく軽くなりました。届いてさっそく、左足だけ甲やふくらはぎなどをこすってみました。非常に軽いので使い易いと思います。赤棒はミニを一緒に買いました。凹凸が心地良いように出来ているのかな!と勝手に思っていたのですが!自分で工夫しながら使わないとなかなかそうはいきませんでした。下に置いて足をぐりぐりしたり!手のツボを押したり!ゆっくりソフトに刺激したい時に使っています。下半身全体をこれ一本でケアできます。左右の小さめの突起は乗って踏む。ツボへの刺激はどちらも変わりないと思います。好みですがプラスチック製の赤棒はつるつるした触感。木製品が好きなので迷わずこちらを選びました。思っていた以上に使いやすかったです!お値段が張りますが!これなら納得しました。桐製の良いところは使い込む程に馴染んでくる所だと思います。そこそこの値段だった割に!木の表面がツルツル仕上げではないので(引っかかることはないですが)マッサージオイルを木の棒自体にも馴染ませながら使っています。突起の部分で肩をトントンするとかなり効きます。反対側のヘラみたいな部分で足の指の間をもむ。お風呂上がりにマッサージオイルを塗ってゴリゴリすると気持ちがいいですよ!!。桐で丈夫だし!使いやすいし!お値段も高く感じません。これまでガチガチに固く指が疲れるので、お願いしにくかった指圧もG棒のお蔭でお願いしやすくなりました。(100%アマニ油でもOKだそうです)健康維持のため気長にやっていきたいと思います。もっと詳しい使用法があれば良かったと思いますが、試行錯誤しながら使います。また!足の裏にも使えますし!官足棒と一緒に毎日使っています。・・と、いろんなツボ押しグッズを一つで兼ねてくれます。赤棒よりちょっと高いので迷いましたが!木の温かみを感じられて!ほっこりします。足首からふくらはぎのマッサージや!ヘラの部分を使っての足の甲を揉むのに!手の力が要らずとても便利です。ミニはお風呂用のつもりで。 無垢の白木で汚れが染みやすそうと思い、届いて早々に100%エゴマ油でオイル塗装をしました。無垢の桐なのでマッサージには椿油を使用して椿油を染み込ませ大切に使いたいです。尖った先端でツボをピンポイントで押す。棒全体でふくらはぎや太ももを下から上にこすりあげる。足の滞りの粉砕に使うつもりでしたが!それ以外にもG棒を置いた上に寝て自分一人で腰や背中も押せるし!首や肩にも使えるし!家族に指圧をお願いする時もこの棒を使って押してもらっています。先の突起を掌に握って先端のへらのようになった部分でそけい部など刺激すると同時に掌のツボ押しにもなって気持ちいいです。ただし、脚のスネの部分など、自分の手では力が入らない部分にアプローチ出来るので、私自身がもっとこの棒の使い手になれればいいなと思ってます。赤棒とどっちにしようか悩みましたが!G棒の方が圧倒的に軽い(赤棒はおよそ120グラム!G棒はおよそ60グラム)のでこちらに決めました。まんなかの突起で膝裏や足首周りを刺激する。